gm:h weekend session vol.04

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
今月30日のMOOSE HILLのライブに続き、8月6日にも新たにライブが決定しました。
weekend session vol.04は青森県出身の無頼庵(ブライアン)さんによるライブです。現在は東京で活動されていて、JOY POPSオーナーのジョニーさんこと齋藤さんの協力を得て今回のライブとなりました。ねぷたの余韻残る8月第一週、あつい歌声を聴きにいらして下さい。
以下イベント詳細

gm:h weekend session vol.04
無頼庵 Live "夏のモノクロ〜無頼庵頼 無"

■ライブ
無頼庵

■日時
8月6日 20:00〜(2stage)

■料金
¥1000(with1drink)

■お問い合わせ
tel/0172-38-1320
mail/gmh@graf-d3.com

■場所
graf media gm: HIROSAKI

■ご予約
お名前、人数、ご連絡先を明記の上、gmh@graf-d3.comまでお送り下さい。

無頼庵 堀内章秀〜Takahide Horiuchi〜
1970年青森県北津軽郡鶴田町に生まれる。89年に上京後、92年にバブルバス結成。95年全曲英詩の1stアルバム「Assnallo」(MIDIcreative)発表、96年マキシシングル「バイバイ」(MIDI/RHIME)でメジャーデビュー。99年バブルバス解散。
2001年3月 無頼庵として活動開始。01年8月 都内を中心にバンド形態でのライブを頻繁に行ない、そのボーカル力、楽曲のクオリティの高さが評判をよび、「はっぴいえんどかばあぼっくす」など様々なカバーアルバムやコンピレーションに参加。03年10月 1stミニアルバム「優しく明るく」で徳間ジャパンよりメジャーデビュー。04年2月 1stマキシシングル「シンギン」発表。04年4月 1stフルアルバム「パラレル」発表。いずれの作品にも、賞賛の嵐。
現在は堀内単独での弾き語りの他ヒロセマサヒト(Dr,Cajon,etc)や、うのしょうじ(WoodBass,etc)と供にライブ活動を行い、形態、場所を問わず人々を魅了し続けている。06年4月には、古巣MIDIより発売の「石」トリビュート盤(高田渡氏の3rdアルバム「石」を新進気鋭のアーティスト達がまるごとカバー)に「当世平和節」で参加。続くトリビュート盤第4弾にも「出稼ぎのうた」での参加が決定しており、今後の動向に、再び注目が集まっている。

f0102291_162552.jpg

[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-25 16:32 | event

スパイスの瓶に入れられて

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
gm: Hでは頂いた花をいつも空き瓶やグラスに生けて飾ってあります。
その中にひと際小さな花瓶があります。
あるお客さんに「これかわいいねぇ〜」
なんて言われて思いだしました。その小瓶はgm: Hオープン前にカレーの試作用に使ったスパイスの空き瓶だったのです。今はこのスパイスを使わなくなりましたが、オープン前の様々な思い出がよみがえります。
オープンしてからそろそろ折り返し地点になります。A to Zのオープンまでもあとわずか。
これからラスト半分、A to Zと供により楽しい時間になっていけばと思います。
f0102291_19565613.jpg

[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-23 19:57 | staff voice

now playing “リズムであそぼう”

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
先日MOOSE HILL関連として送って頂いたCDの中に見覚えのあるCDがありました。
それは以前、知り合いにお子さんが生まれた時に出産祝いとしてプレゼントしたものでした。当時プレゼントに頭を悩ませていたときにこのCDが目に入りジャケット、コンセプト、そして当然中に収録されている楽しい音(まさに音楽!)で即決をした思い出があります。

そして意外にも弘前で再会。
このCDの一曲に原田郁子さん(clammbon)と一緒にMOOSE HILLが参加しています。
久しぶりに聞いてもやはりとてもかわいらしくて大人も子どもも楽しくしてくれそうな曲ばかり。このCDのコンセプトは子どもと大人のための、音と視覚で楽しむ作品。そしてこのCDではハンドクラップ(手拍子)がテーマ。楽しい音楽に合わせてみんなで一緒に手をたたこうというもの。また一つ、30日のライブが楽しみになってきました。
f0102291_18303158.jpg
30日は人数限定ライブとなっております。ご予約はgmh@graf-d3.comまでお名前と人数、連絡先を明記の上、メールをお送りください。
[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-22 18:32 | staff voice

花束をいただきました

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
先日煉瓦倉庫に行った時にボランティアの女性からgm: Hにと花束をいただきました。
すべてご自宅の庭で咲いた花を摘んできていただいたもので、黄色、紫、赤と色とりどりな花束でした。以前に別のボランティアの女性にいただいた赤すぐりの実と供に店内に生けられています。
いつも驚かされるのが、みなさん持ってきていただく花が全てご自宅で摘んできて頂いたもの。

道ばたにも大きなマーガレットが咲いていたりと弘前にいると花がすごく身近かな存在のように思えます。おかげさまでgm: Hも毎日花に囲まれています。

f0102291_13462170.jpg

[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-20 13:47 | staff voice

now playing HAWII,HAWAII

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
今月末の30日にgm: Hで行われるMOOSE HILLのライブの関連でお店にたくさんのCDが送られてきました。
すべてMOOSE HILL(伊藤ゴローさん)が関連しているCDで中にはスープやスウィーツのレシピのついたCDもあったりしてgm: Hの2人の女性スタッフも興奮気味です。
頂いたCDを眺めていると、個人的に好きで買っていたものや、出産祝いでプレゼントしたことのあるCDなんかも混ざっていて不思議な縁で再会したようです。

写真のCD“HAWAII HAWAII”にはMOOSE HILLの他以前gm: YOKOHAMAでクリスマスにライブをしてくださったKAMA AINAも参加しているCDで、音楽、エッセイ、写真から伝わる雰囲気がお店のリズムに合っているように思えて、よくかけています。

明日以降は料理のレシピ付きCDなど他のCDについて少し詳しく書いていこうかと思っています。

f0102291_161445100.jpg
30日は人数限定ライブとなっております。ご予約はgmh@graf-d3.comまでお名前と人数、連絡先を明記の上、メールをお送りください。
[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-19 16:18 | event

オモニからの贈り物。ふたたび。

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
以前にも紹介した、「金津創作の森」のオモニからふたたび贈り物が届きました。
以前オモニから頂いたトリのランプに2匹の仲間が加わりました。
これでカタチの異なった3匹のトリがgm: Hの棚の上に並んでいます。手紙にはスタッフ3人へと、ありました。gm: H閉店後はそれぞれ3人の手元へ。今から、どのトリが誰になるのか。少し先の事が気になりだしました。

f0102291_2257485.jpg

[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-16 22:58 | staff voice

夏に向けて

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
ここ数日の間に弘前はみるみるうちに暑くなってきました。
gm: Hでも夏に向けて新たな座席を用意しています。
ちょうどお店の前にテーブルを2卓。8名分の野外席を設けています。A to Zのボランティアさん達もお昼休みに作業着で来てくれて野外を堪能して頂いています。
f0102291_1735086.jpg

f0102291_17352988.jpgお店の前にこんな風に並んでいます。倉庫でのボランティアを経験したことのある方なら見覚えがあるかもしれません。

じつはこの野外席に設けられたテーブルとベンチ。もともとはA to Zの作業場にあったものの流用なのです。テーブルは本来丸ノコ(木材を切るための道具)を使う為の作業台で、現場では”ウマ”なんて呼ばれています。それをサイズ調整をしてペンキを塗ってそのままテーブルにしています。ベンチも同様に倉庫でみんながタバコを吸ったりするときに座っている椅子とまるっきり同じものを造りました。
ボランティアを経験した人は現場を懐かしみながら、経験したこのない人は現場に思いをはせながら会期が始まってしまえば行われることのない作業を少しでも感じてもらえればと思います。


f0102291_1844081.jpg

[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-15 18:05 | staff voice

HAPPY BIRTHDAY !!

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
昨日、7月13日はgraf制作チームの小西の誕生日でした。
夜にボランティアさん含め関係者が集まってみんなでお祝いをしました。

f0102291_1334491.jpg今回もケーキ担当はgm: Hスタッフ若木による手作り。小西の好物が"あんこ"ということもあってあんこを使ったケーキが作られました。


f0102291_13365993.jpgこの日のケーキの様子。少し暗いので解りにくいのですが、上には32個の白玉が乗せられています。


f0102291_1338404.jpg普段は小西のギターをバックにみんなでHAPPY BIRTHDAYを歌うのですが、結局この日も小西本人のギターで歌いました。その後、みんなのリクエストでクーニータン(小西)によるフォークライブ(ジャンボリー!?)。時代を熱唱してくれました。


この日はラジオA to Zの日。先日から設置している野外席にラジオを置いて聴いていました。ちなみにこの日のゲストは奈良美智さん!途中、様々なゲストが入れ替わり立ち代わりで参加してみんな野外で笑いながら聴いていました。
また野外ではラジオを聴きながら、花火と野沢(graf)の散髪(!?)が行われました!!

f0102291_13461737.jpg花火の光の中、gm: Hの前でボランティアさんの阿部さんに散髪をしてもらっている野沢(graf)。じつはgm: Hスタッフの松村と若木も阿部さんに切ってもらっていました。


f0102291_13482558.jpg花火を買ってきてみんなで花火大会。gm: Hスタッフは今年初の花火。


f0102291_13511163.jpg今、弘前には写真家の方や映像の方など多くの関係者が集結しています。周りの人間をふと見回したときに、本当にここが弘前なのだろうか?という錯覚を覚えます。大阪、東京、横浜そして弘前と全国様々な土地で新たな人と出会うと供に常に顔を会わせる人たちがいます。
自分たちの行く場所に居場所を作る、出来上がる。まさしく遊牧民のような生活。
いつまでも続くかもしれないこの旅、遊牧をしばらくは続けていたいとあらためて思いました。
[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-14 13:59 | staff voice

祖母の味

投稿者 gm: Hスタッフ satomi_wakagi
昨日からお店に、赤しそを使った新しいドリンクメニューが登場しました。
名前は、レディッシュパープルソーダといいます。
赤しその香りがほのかに香るドリンクです。
以前から夏の暑い時に飲みたくなるようなドリンクを加えたいとスタッフ同士で話してました。
その時に、私の祖母が赤しそでシロップを作っていたことを思い出し、メニューに加わる事になりました。
そのシロップは天然の色素とは思えないくらいにきれいな赤で、ほのかに赤しその香りもして、お水で割ってみたり、サイダーに入れて飲んだりしてました。
自分で作った事は無く、家族に聞いて作ってみました。
こうしてできた赤紫という意味のレディッシュパープルソーダ。
gm: H夏のドリンクとして、ご用意しております。
グラスに注いだ時の見た目もとてもきれいです。ぜひお試しください!!
f0102291_14101114.jpg

[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-12 14:14

宵宮のお土産

投稿者 gm: Hスタッフ sakiko_matsumura

昨日、7月8日は弘前市内の宵宮の中でも一番規模が大きいと言われる、最勝院・八坂神社の宵宮の日でした。
「宵宮」と書いて「よみや」と読むこの、津軽の伝統行事のことは、今回弘前に来て初めて知りました。
毎日のようにどこかのお寺や神社で、お祭り(正確には前夜祭だそうですが)が行われ、その日宵宮がある場所では朝と夕方に花火が上がります。それが「今日宵宮をやりますよー」という合図だそうです。
gm:Hの店内にいても、合図の花火の音がよく聞こえて、音が大きい時は「今日は近くで宵宮か〜」と思ったりしています。
(参考URL:http://www.ring-o.jp/event/event_01.php)

たくさんの出店が並ぶ宵宮を、私達も少し覗いてきました。
お休みの日に他の神社の宵宮に行ったこともあったのですが、やはり一番大きいと言われているだけあって、弘前市内で見た事が無いほどの多くの人でごった返し、活気に溢れていました。
最勝院は煉瓦倉庫から比較的近い場所にあることもあって、夜店の人ごみの中、作業帰りのボランティアの方々にも会えたり、遭遇はしませんでしたが奈良さんやgrafチームも出掛けられたようです。
神社のお参りは長蛇の列ができていて時間がかかりそうだったので、翌日行くことにして諦め(しかし、本当のお祭りは宵宮の次の日らしいので、正式には次の日にお参りに行くものだそうです)、夜店でお土産を買って帰ることにしました。
色々な面白そうな夜店が出ていましたが、中でも前からやってみたかった「らくがき煎餅」に挑戦してみました。
大きなえび煎餅に、透明な水飴のようなもので自分で好きな絵を描き、店の人が上からチョコスプレーやザラメをかけてくれると絵が浮かび上がるという仕掛けです。
もちろん、描くものは決まっています。
お店の繁盛を願って!

f0102291_192127.jpg

[PR]
# by rui_ishiguro | 2006-07-09 19:11 | staff voice