<   2006年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

gm:h weekend session vol.03

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
A to Zも無事に開催を迎え、街には『A to Z』と判を押された袋を持った人々が目立ち始めました。gm: Hのお客さんもA to Z帰りの方々が多く展覧会のにぎわいが感じられます。

そんな中、昨日のgm: Hはweekend session vol.04 MOOSE HILLのLiveでした。
この日急に寒くなり始めましたが、そんな中昼、夜と多くのお客さんが来てくれました。


f0102291_15253750.jpg16:00スタートの様子です。この日は初の二回公演で初の日中ライブとなりました。この回は多少ゆとりがあったので聴きにきてくれたお客さんもゆったりモードで飲み物を片手に聞いていました。



f0102291_15341251.jpgこの日は今までに無い趣向で、伊藤ゴロー(MOOSE HILLは伊藤ゴローさんのソロプロジェクト名義です)さんのギターに合わせてDJの山崎真央さんが音を合わせるといった新しい組み合わせのライブでした。


f0102291_15384448.jpg16:00からの部から少し間を空けて20:00〜の部が始まりました。この日は関係者の他A to Zに遊びに来てくれた方々もたくさん聴きに来てくれて過去最高の人数となりました。


f0102291_15414661.jpgマイクには弘前に来て買ったという金魚ねぷたが。風が入り込むたびに揺れ動く金魚がなんとも愛嬌が。


こうして様々なライブを聴けるような環境に身をおいてより好きになったり、新しく好きになる音楽が徐々に増えて来て、そしてJOY POPS(gm: Hの前のCD屋さん)での消費活動が激しくなる日々です。。。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-31 15:59 | event

THEATER MUSICAの「映画館」

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro

f0102291_18175283.jpg今月末から頭にかけてのライブに続き、新たなイベントが決定しました。今回はgraf media gm(大阪)とも馴染みの深いTHEATERMUSICAの映画×音楽パフォーマンスイベントになります。今回は場所をgm: Hの真上にあたるbetter homesさんのギャラリースペースを使わせて頂いて行います。gm: H初の映画×音楽イベント。夏真っ盛りのこの日何が起こるのか、今から胸が高まります。

以下イベント詳細になります。

■タイトル
THEATER MUSICAの「映画館」

■日時
8月8日(火)20:00〜
door open; 19:30

■入場料
前売り:¥2000/当日:¥2200(with 1drink)

■会場
better homes gallery (青森県弘前市土手町112)

■ご予約/お問い合わせ
tel:03-3403-7690
mail:musica@theaterproducts.co.jp

tel:0172-38-1320(graf media gm: HIROSAKI)
mail:gmh@graf-d3.com

幻の名作『東京行進曲』(1929年 溝口健二監督)が、書き下ろし楽曲の生伴奏つきで上映されますのは今宵。同時上映に『月世界旅行』(1902年 ジョルジュ・メリエス)『アリババと四十人の盗賊』(1902年 フェルディナン・ゼッカ)を携えて挑む、映画×音楽パフォーマンス。からくり楽器、ピアノ、アコーディオン、ミキサーからターンテーブルまで、 奇天烈な組み合わせの音楽にモノクロームの映画。現れるのは、いつの時代か分からない夢の映画館。映画史上不朽の名作たちがうまれかわります。
実験的に行われた、六本木のシアタームジカ/大阪 graf (gm) 公演の、ご好評にお応えしてのツアーの、はじまりはじまり。気ままにアグレッシブに、移動映画館があの街この街やってきます。

<音楽>
阿部海太郎(THEATRE MUSICA):作曲、ピアノ、アコーディオン
小坂逸雄:Mixer、からくり楽器
飯田竜太:からくり楽器製作
山崎真央(graf media gm):DJ
企画・製作:THEATRE MUSICA
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-27 16:40 | event

ソーダ瓶

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
今まで何度か登場してきましたが、gm: Hの花瓶はソーダであったりサイダーであったり主に空き瓶が使われています。
カタチが愛らしいものだったり、ロゴが少し古めかしくて懐かしさを覚えるものだったり。
レディッシュパープルソーダ(赤紫蘇のソーダ)に使うソーダの瓶もその中の一つで少しズングリしていてなんとも愛嬌のあるカタチ。
そこに今はボランティアの女性からいただいた赤すぐりの実が枝ごと生けられています。
花はもちろん奇麗なのですが、こういう実が奇麗な色をしているなんていうことは、こうして近くで見るまではなかなか気づかされることの無かった出来事です。
f0102291_19335229.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-26 19:39 | staff voice

gm:h weekend session vol.04

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
今月30日のMOOSE HILLのライブに続き、8月6日にも新たにライブが決定しました。
weekend session vol.04は青森県出身の無頼庵(ブライアン)さんによるライブです。現在は東京で活動されていて、JOY POPSオーナーのジョニーさんこと齋藤さんの協力を得て今回のライブとなりました。ねぷたの余韻残る8月第一週、あつい歌声を聴きにいらして下さい。
以下イベント詳細

gm:h weekend session vol.04
無頼庵 Live "夏のモノクロ〜無頼庵頼 無"

■ライブ
無頼庵

■日時
8月6日 20:00〜(2stage)

■料金
¥1000(with1drink)

■お問い合わせ
tel/0172-38-1320
mail/gmh@graf-d3.com

■場所
graf media gm: HIROSAKI

■ご予約
お名前、人数、ご連絡先を明記の上、gmh@graf-d3.comまでお送り下さい。

無頼庵 堀内章秀〜Takahide Horiuchi〜
1970年青森県北津軽郡鶴田町に生まれる。89年に上京後、92年にバブルバス結成。95年全曲英詩の1stアルバム「Assnallo」(MIDIcreative)発表、96年マキシシングル「バイバイ」(MIDI/RHIME)でメジャーデビュー。99年バブルバス解散。
2001年3月 無頼庵として活動開始。01年8月 都内を中心にバンド形態でのライブを頻繁に行ない、そのボーカル力、楽曲のクオリティの高さが評判をよび、「はっぴいえんどかばあぼっくす」など様々なカバーアルバムやコンピレーションに参加。03年10月 1stミニアルバム「優しく明るく」で徳間ジャパンよりメジャーデビュー。04年2月 1stマキシシングル「シンギン」発表。04年4月 1stフルアルバム「パラレル」発表。いずれの作品にも、賞賛の嵐。
現在は堀内単独での弾き語りの他ヒロセマサヒト(Dr,Cajon,etc)や、うのしょうじ(WoodBass,etc)と供にライブ活動を行い、形態、場所を問わず人々を魅了し続けている。06年4月には、古巣MIDIより発売の「石」トリビュート盤(高田渡氏の3rdアルバム「石」を新進気鋭のアーティスト達がまるごとカバー)に「当世平和節」で参加。続くトリビュート盤第4弾にも「出稼ぎのうた」での参加が決定しており、今後の動向に、再び注目が集まっている。

f0102291_162552.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-25 16:32 | event

スパイスの瓶に入れられて

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
gm: Hでは頂いた花をいつも空き瓶やグラスに生けて飾ってあります。
その中にひと際小さな花瓶があります。
あるお客さんに「これかわいいねぇ〜」
なんて言われて思いだしました。その小瓶はgm: Hオープン前にカレーの試作用に使ったスパイスの空き瓶だったのです。今はこのスパイスを使わなくなりましたが、オープン前の様々な思い出がよみがえります。
オープンしてからそろそろ折り返し地点になります。A to Zのオープンまでもあとわずか。
これからラスト半分、A to Zと供により楽しい時間になっていけばと思います。
f0102291_19565613.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-23 19:57 | staff voice

now playing “リズムであそぼう”

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
先日MOOSE HILL関連として送って頂いたCDの中に見覚えのあるCDがありました。
それは以前、知り合いにお子さんが生まれた時に出産祝いとしてプレゼントしたものでした。当時プレゼントに頭を悩ませていたときにこのCDが目に入りジャケット、コンセプト、そして当然中に収録されている楽しい音(まさに音楽!)で即決をした思い出があります。

そして意外にも弘前で再会。
このCDの一曲に原田郁子さん(clammbon)と一緒にMOOSE HILLが参加しています。
久しぶりに聞いてもやはりとてもかわいらしくて大人も子どもも楽しくしてくれそうな曲ばかり。このCDのコンセプトは子どもと大人のための、音と視覚で楽しむ作品。そしてこのCDではハンドクラップ(手拍子)がテーマ。楽しい音楽に合わせてみんなで一緒に手をたたこうというもの。また一つ、30日のライブが楽しみになってきました。
f0102291_18303158.jpg
30日は人数限定ライブとなっております。ご予約はgmh@graf-d3.comまでお名前と人数、連絡先を明記の上、メールをお送りください。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-22 18:32 | staff voice

花束をいただきました

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
先日煉瓦倉庫に行った時にボランティアの女性からgm: Hにと花束をいただきました。
すべてご自宅の庭で咲いた花を摘んできていただいたもので、黄色、紫、赤と色とりどりな花束でした。以前に別のボランティアの女性にいただいた赤すぐりの実と供に店内に生けられています。
いつも驚かされるのが、みなさん持ってきていただく花が全てご自宅で摘んできて頂いたもの。

道ばたにも大きなマーガレットが咲いていたりと弘前にいると花がすごく身近かな存在のように思えます。おかげさまでgm: Hも毎日花に囲まれています。

f0102291_13462170.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-20 13:47 | staff voice

now playing HAWII,HAWAII

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
今月末の30日にgm: Hで行われるMOOSE HILLのライブの関連でお店にたくさんのCDが送られてきました。
すべてMOOSE HILL(伊藤ゴローさん)が関連しているCDで中にはスープやスウィーツのレシピのついたCDもあったりしてgm: Hの2人の女性スタッフも興奮気味です。
頂いたCDを眺めていると、個人的に好きで買っていたものや、出産祝いでプレゼントしたことのあるCDなんかも混ざっていて不思議な縁で再会したようです。

写真のCD“HAWAII HAWAII”にはMOOSE HILLの他以前gm: YOKOHAMAでクリスマスにライブをしてくださったKAMA AINAも参加しているCDで、音楽、エッセイ、写真から伝わる雰囲気がお店のリズムに合っているように思えて、よくかけています。

明日以降は料理のレシピ付きCDなど他のCDについて少し詳しく書いていこうかと思っています。

f0102291_161445100.jpg
30日は人数限定ライブとなっております。ご予約はgmh@graf-d3.comまでお名前と人数、連絡先を明記の上、メールをお送りください。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-19 16:18 | event

オモニからの贈り物。ふたたび。

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
以前にも紹介した、「金津創作の森」のオモニからふたたび贈り物が届きました。
以前オモニから頂いたトリのランプに2匹の仲間が加わりました。
これでカタチの異なった3匹のトリがgm: Hの棚の上に並んでいます。手紙にはスタッフ3人へと、ありました。gm: H閉店後はそれぞれ3人の手元へ。今から、どのトリが誰になるのか。少し先の事が気になりだしました。

f0102291_2257485.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-16 22:58 | staff voice

夏に向けて

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
ここ数日の間に弘前はみるみるうちに暑くなってきました。
gm: Hでも夏に向けて新たな座席を用意しています。
ちょうどお店の前にテーブルを2卓。8名分の野外席を設けています。A to Zのボランティアさん達もお昼休みに作業着で来てくれて野外を堪能して頂いています。
f0102291_1735086.jpg

f0102291_17352988.jpgお店の前にこんな風に並んでいます。倉庫でのボランティアを経験したことのある方なら見覚えがあるかもしれません。

じつはこの野外席に設けられたテーブルとベンチ。もともとはA to Zの作業場にあったものの流用なのです。テーブルは本来丸ノコ(木材を切るための道具)を使う為の作業台で、現場では”ウマ”なんて呼ばれています。それをサイズ調整をしてペンキを塗ってそのままテーブルにしています。ベンチも同様に倉庫でみんながタバコを吸ったりするときに座っている椅子とまるっきり同じものを造りました。
ボランティアを経験した人は現場を懐かしみながら、経験したこのない人は現場に思いをはせながら会期が始まってしまえば行われることのない作業を少しでも感じてもらえればと思います。


f0102291_1844081.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-15 18:05 | staff voice