カテゴリ:event( 49 )

gm:h weekend session vol.04

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
今月30日のMOOSE HILLのライブに続き、8月6日にも新たにライブが決定しました。
weekend session vol.04は青森県出身の無頼庵(ブライアン)さんによるライブです。現在は東京で活動されていて、JOY POPSオーナーのジョニーさんこと齋藤さんの協力を得て今回のライブとなりました。ねぷたの余韻残る8月第一週、あつい歌声を聴きにいらして下さい。
以下イベント詳細

gm:h weekend session vol.04
無頼庵 Live "夏のモノクロ〜無頼庵頼 無"

■ライブ
無頼庵

■日時
8月6日 20:00〜(2stage)

■料金
¥1000(with1drink)

■お問い合わせ
tel/0172-38-1320
mail/gmh@graf-d3.com

■場所
graf media gm: HIROSAKI

■ご予約
お名前、人数、ご連絡先を明記の上、gmh@graf-d3.comまでお送り下さい。

無頼庵 堀内章秀〜Takahide Horiuchi〜
1970年青森県北津軽郡鶴田町に生まれる。89年に上京後、92年にバブルバス結成。95年全曲英詩の1stアルバム「Assnallo」(MIDIcreative)発表、96年マキシシングル「バイバイ」(MIDI/RHIME)でメジャーデビュー。99年バブルバス解散。
2001年3月 無頼庵として活動開始。01年8月 都内を中心にバンド形態でのライブを頻繁に行ない、そのボーカル力、楽曲のクオリティの高さが評判をよび、「はっぴいえんどかばあぼっくす」など様々なカバーアルバムやコンピレーションに参加。03年10月 1stミニアルバム「優しく明るく」で徳間ジャパンよりメジャーデビュー。04年2月 1stマキシシングル「シンギン」発表。04年4月 1stフルアルバム「パラレル」発表。いずれの作品にも、賞賛の嵐。
現在は堀内単独での弾き語りの他ヒロセマサヒト(Dr,Cajon,etc)や、うのしょうじ(WoodBass,etc)と供にライブ活動を行い、形態、場所を問わず人々を魅了し続けている。06年4月には、古巣MIDIより発売の「石」トリビュート盤(高田渡氏の3rdアルバム「石」を新進気鋭のアーティスト達がまるごとカバー)に「当世平和節」で参加。続くトリビュート盤第4弾にも「出稼ぎのうた」での参加が決定しており、今後の動向に、再び注目が集まっている。

f0102291_162552.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-25 16:32 | event

now playing HAWII,HAWAII

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
今月末の30日にgm: Hで行われるMOOSE HILLのライブの関連でお店にたくさんのCDが送られてきました。
すべてMOOSE HILL(伊藤ゴローさん)が関連しているCDで中にはスープやスウィーツのレシピのついたCDもあったりしてgm: Hの2人の女性スタッフも興奮気味です。
頂いたCDを眺めていると、個人的に好きで買っていたものや、出産祝いでプレゼントしたことのあるCDなんかも混ざっていて不思議な縁で再会したようです。

写真のCD“HAWAII HAWAII”にはMOOSE HILLの他以前gm: YOKOHAMAでクリスマスにライブをしてくださったKAMA AINAも参加しているCDで、音楽、エッセイ、写真から伝わる雰囲気がお店のリズムに合っているように思えて、よくかけています。

明日以降は料理のレシピ付きCDなど他のCDについて少し詳しく書いていこうかと思っています。

f0102291_161445100.jpg
30日は人数限定ライブとなっております。ご予約はgmh@graf-d3.comまでお名前と人数、連絡先を明記の上、メールをお送りください。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-19 16:18 | event

gm:h weekend session vol.03

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
弘前も徐々に暖かくなってくると同時にA to Zも徐々に近づいてきました。
先日書きましたがオープンすぐの29日の夜は近くのマグネットというライブハウスbloodthirsty butchersのライブ&奈良さんのDJ+スライドショー、31日は奈良さんと豊嶋(graf)のレクチャー、そしてその真ん中にあたる30日はgm: Hでのgm:h weekend session vol.03となります!!
A to Zオープンからねぷた祭りまでの3日間、供に盛り上げてゆきたいと思います!

今回は伊藤ゴローさんのソロプロジェクトであるMOOSE HILLのライブになります。
gm: Hが始まった当初から豊嶋(graf)の方からもやって欲しいとい希望もあり、お店のCDをセレクトして頂いている山崎真央さんを通して実現したライブです。普段は夜のみですが、30日は出来るだけ多くの方に見て頂きたいということもあり、16時〜と20時〜の一日二回公演となります。各回30名限定。ご予約をお願いいたします。
以下イベント詳細となります。

f0102291_1962696.jpg



f0102291_1971370.jpg

MOOSE HILL (ムース・ヒル)
 伊藤ゴローのソロプロジェクト。ギター中心のインストゥルメンタル音楽を主に手がけ、01年リリースの1stアルバム「wolf song」は各方面から高い評価を得る。05年にはストックホルムで行われたTOKYO SOUND REVOLUTIONにも出演、青柳拓次、高田漣との合同制作アルバム「HAWAII, HAWAII」をリリース。また布施尚美とのボサノヴァ・デュオ「naomi & goro」としても活動中。それ以外にも、原田郁子のソロ・アルバム「ピアノ」に楽曲「鳥の羽、鳥の影」を、イラストレーターEd TSUWAKIの'04-'05資生堂パリエキスポ用に楽曲を提供するなどコラボレーションワークも精力的に行っている。
 06年は青柳拓次、高田漣とのアルバム第2弾「RAINBOW HAWAII」,naomi & goroのア
ルバム「HOME」「P.S.I Forgot」 naomi & goro/DOUBLE FAMOUSアナログ盤「HAPPYBIRTHDAY」、また第18回東京国際映画祭でグランプリ、監督賞、最優秀男優賞、観客賞の4冠を受賞した映画「雪に願うこと」(監督:根岸吉太郎、出演:伊勢谷友介、佐藤浩市、小泉今日子、吹石一恵 他)の劇場映画音楽を担当、オリジナル・サウンド・トラックを5/12にリリース。
10月には、5年ぶりとなるMOOSE HILL 2ndアルバム「DESERT HOUSE」をリリース予定。
ゲストボーカルとして原田知世が2曲参加、ジャケットイラスト&アートワークででEd TSUWAKIも参加。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-08 13:48 | event

gm:h weekend session vol.02!! つづきのつづき

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
ライブ当日やリハーサルの様子を少しだけ。
前日から弘前に来ていたogurusuさんは午後にgm: Hにいらしてリハーサルを開始しました。
日差しが差し込む窓際でギターを持って確認するかのように、リハーサルが行われました。

f0102291_1312074.jpgリハーサル中のogurusuさん。手を叩いて反響を確かめたりして、アンプを通さないで生音でやろうということ決まりました。


ライブが始まって大勢のお客さんがgm: Hに駆けつけてくれました。
そして以前も書きましたが当日は限定でスペシャルクッキーがメニューに並びました。
ラム酒に浸けたレーズンとチョコレートが入ったクッキーの2種類が一つの袋に入れられて販売されました。
f0102291_13213099.jpgこんなパッケージに入れられてカウンターの上に並びました。

f0102291_13222783.jpg中身はこんな感じです。レーズンの酸味のあるクッキーとチョコレートの甘いクッキーの相性が良かったので、2種類を別々に販売するのではなく、セットとして販売しました。


またライブの日はgm: Hの看板(黒板)は特別にイベント用に描きかえられます。
毎回ライブの趣向にそってスタッフ松村の手によって描かれます。
f0102291_13262994.jpg店内の一角で看板を描いています。ogurusuさんの写真をもとに起こされたスケッチを下絵に描かれてゆきます。

f0102291_13282694.jpgそうして完成したのが左の看板。毎回テイストの異なった看板が登場します。以前のヨーコトリヤベの時もそうでしたが、今回のogurusuさんにも大変好評でした。


こうしてライブ当日は様々な用意がされて皆さんをお持ちしていたりします。
スタッフも楽しみながら、ライブを聴きに来て下さる人に音楽とともに空間を楽しんでいただければと考えながら、次のライブの予定を組み始めています。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-06-13 13:39 | event

gm:h weekend session vol.02!! つづき

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
3人によるDJタイムを挟み、再びogurusu norihideさんのFolk Liveが再会されました。

2部ではスタンダードナンバーのカバーや東北の女の子という曲も歌われました。
とうぜん後半はライブに遊びに来て下さったみなさんの合唱にあわせてogurusuさんがハモルというかたちで空間全体が一つになったように感じました。

f0102291_11415987.jpg1部は椅子に座りながらだったのですが、後半ではogurusuさんも立ち上がってみんなと共に歌い上げていただきました。
当日、DJの山崎真央さんが「ogurusu君のLiveは体育座り系なんだよな。」といってDJブースの前で座ってライブを聴いていました。それにつられて立ってみていたお客さんの数名も同じように体育座りをして、ライブを楽しんでいました。
不思議とその姿がogurusuさんと一緒に歌っている時には最適なように思えました。
あぁ、こういうことで『体育座り系』かということが理解できました。


f0102291_11521894.jpgハーモニカと共に、歌い上げるogurusuさん。この日は中庭もあったので、お店の入り口や窓を開放していました。僕は入り口付近にいたため、ogurusuさんの歌声と吹き抜ける風の音が重なり合って、まるで野外のようでした。特にogurusuさんの曲は風にまつわる歌もあったりするので、自分の中で不思議な高揚感が生まれていました。曲間で拍手が止むとわずかに聞こえる風の音。
この日は夕方まで雨が降っていたのですが、ライブ前には止んで風の強い日でした。不思議と天候までもが演出のように思え、恵まれた1日でした。


アンコールも終了し、みんな歌って喉が渇いたのか口々に『ビール!!』と言ってカウンターに集まってきました。ライブ終了後はogurusuさんやDJ陣とお客さんが一緒になってビールを呑み交わします。それがこの場所の良いところでもあったりします。

f0102291_12113531.jpgライブ終了直後の店内。みんなカウンター側に陣取り、口々に『ビール!』と言う声がこの日のライブの良さを物語っているように思えます。


f0102291_12442129.jpgこの日、DJをやって下さったthe miceteethのTDCこと金澤さん(左)。graf青柳(右)との2ショット。


f0102291_1246211.jpgライブの後は即席サイン会のようになっていました。サインをもらってご満悦といった様子のボランティアの女性、通称ZATTU。


明日は当日のライブ前の様子や当日メニューにならんだスペシャルクッキーのことについて書いていこうと思います。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-06-11 12:53 | event

gm:h weekend session vol.02!!

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
6月9日金曜日、午後から降り出した雨も夕方には上がり、まだ寒さが残る中ogurusu norihideさんのアコースティックライブがありました。
19時に会場、DJの山崎真央さんの選曲によりその夜は幕を開けました。


f0102291_14172744.jpg
この日のDJ 山崎真央さん。以前は都内のCDショップの買い付けやオリジナルレーベルの選曲、楽曲提供を行っており、昨年夏からはgm: YOKOHAMAで様々な音楽イベントをオーガナイズを、gm: HではCDの選曲をやっていただいています。

gm: Hにも段々と人が入り始め、20時を少し過ぎた頃、ogurusu norihideさんのライブが始まりました。
f0102291_14101417.jpg椅子に座りギターのみで歌って頂きました。座席の数も足らず体育座りで見るお客さんもちらほら。普段であれば不自然なのですが、この日は不思議と違和感を感じませんでした。


f0102291_14125044.jpg今月初めにオープンした中庭にすわり、覗き込むようにライブを見る人たちも。会場も盛り上がり、少し混雑してきたときに"ニゲル"場所としても使われています。


この日のライブは2部構成になっており、一部終了後いったん休憩を挟んで第二部というカタチで行われました。一部の最後にはみんなで簡単なフレーズを合唱してogurusuさんが異なったパートを歌うという演出がogurusuさんによって行われました。小さなgm: Hですがその瞬間はみんなが近くなり、お店がより小さく、そしてよりいっそうの一体感が生まれたように思えます。。

第一部終了後は再びDJタイムとなりました。
この日は飛び入りでDJが急遽参加しました。合計3人のDJが時には代わる代わる曲をかけ、会場を盛り上げてくれました。

f0102291_1426689.jpg急遽参加のDJのTDC。普段はTHE MICETEETHのメンバーとして活躍しています。自信のTDC名義の曲など様々な曲で会場を盛り上げてくれました。


f0102291_1434419.jpgもう一人急遽参加のDJ、高橋奈々さん。ふだんは青山スパイラルで働いています。三者三様のDJがライブ中とはまた異なった素敵な空気感をもたらしてくれました。


この後第二部ではカバ−曲や弘前(東北)ならではの曲などを披露して下さいました。
つづく
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-06-10 14:46 | event

本日20時から

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
本日20時からogurusu norihideさんのFolk Liveが行われます。
ogurusuさんは昨日夜に来森(弘前に来ること)しました。
そして今朝DJをやっていただく山崎真央さんも来森しました。

今日は山崎真央さんの他にもスペシャルゲストが急遽DJとして参加して下さいます。

今回は山崎真央さんも含めてライブ参加者みなさん初の弘前。
今朝方みなさんで少しだけ弘前散策をしました。
みなさん植物や岩木山に声を上げて堪能して頂きました。

オープンは19時からとなっております。
お近くにお越しのさいは少し、足をとめて聞きに来て下さい。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-06-09 15:10 | event

special sweets!!

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
明日のライブを控えて、以前からスタッフ若木の方から
なにかスペシャルフードをという提案が出ていました。そして、昨日から準備を初めて今日の午前中にメニューを決定し、完成させることができました!

彼女のogurusuさんに対するイメージと、ogurusuさんが甘いものを食べるということからクッキーを2種類用意しました。

明日のライブでの限定販売!!
2種類の味をセットで、special sweetsとしてメニューに並びます。

味の詳細は明日、ライブ会場gm: Hにて!!
音楽と共にご堪能下さい!!

f0102291_21582691.jpg
クッキーを作ってます。はたしてどんなクッキーが用意されるのでしょうか。。。。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-06-08 22:00 | event

raishin

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro
明日の午後8:00よりgm: Hでライブをして頂くogurusu norihideさんが今日から弘前に来ます。ogurusuさんにとって今回が初めての青森県。昨日までは仙台でライブだったようで、今回が東京より北に来るのが初めてだそうです。

そんな事から今回のライブのタイトルを"raishin"としました。"raishin"とは漢字で書くと"来森"と書きます。僕はこれを"弘前に来ること"として使っています。
一般には弘前に来ることを来弘(ライコウ)と書くのですが、弘前の伝統工芸やおいしいお店を紹介する小冊子で弘前が森に囲まれているという理由から来森という言葉を使っていました。
言葉の響きも字面もこちらの方が良かったので"raishin"としました。

ogurusuさんは以前gm: YOKOHAMAでもライブをやって頂いたこともあったので、離港(これは僕の勝手な造語です)から来森という港を離れて森へというストーリーが良いかなと思ったのも自分の中での判断材料でもありました。

最初にも書きましたがogurusuさんが弘前に訪れるのは今回が初めて。当然、CDを見たり聴いた経験のある方は少ないと思います。
実際僕も横浜でライブを聴くまでは耳にしたことはありませんでした。
けれども、リハーサルの時から鳥肌のたつ歌声に完全に引き込まれてしまいました。ふだんはサインをもらったりすることはあまり無いのですが、その日はCDを購入してサインを頂きました。最初に記してくれた言葉が『ありがとう』。なにかこの瞬間に全てが理解できたような気がしました。こういう気持ちが、このような歌声になるのかなという。
もしかしたら、今回のライブが一番楽しみなのは僕なのかもしれません。

f0102291_10294583.jpg
先日大阪のgrafでもライブをやって頂いたそうです。そのときにはなんと『grafの歌』というのも披露されたそうです。今回も披露されるのでしょうか。。。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-06-08 10:42 | event

gm:h weekend session vol.02

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro

昨年11月3日、gm: HIROSAKIの前身でもあるgm: YOKOHAMAでogurusu norihideさんのFolk Liveがありました。その歌声にお客さんはもちろん、スタッフまでもがあたたかな気持ちになりました。
今回は、場所を横浜から弘前に移してgm: HIROSAKIでふたたびのFolk Liveになります。
ogurusu norihideさんにとって今回が初のraishin(来森=弘前を訪れる事)。日に日に季節が移ろいつつある6月第2週の金曜日、ここ弘前であたたかな歌声を響かせてくれるはずです。

■titile ogurusu norihide"Folk Live raishin"
■date 2006年6月9日(金) / 20:00-21:30(2stage)
■admission ¥1000(with1drink)
■live ogurusu norihide
http://www.boreas.dti.ne.jp/~ogurusu/
■dj mao yamazaki
■place graf media gm: HIROSAKI
■contact tel/0172 38 1320 / mail/gmh@graf-d3.com

f0102291_1638219.jpg
【ogurusu norihide】
1977年京都生まれ。大学在学中より生楽器とコンピュータ−を使った作品を制作し、2002年にcarpark records (NY)より1stアルバム「humour」をリリース。同年のNYタイムズ年間ベストオルタナティヴ10に選出される。2ndアルバム「modern」(P-Vine RECORDS)は、その後carpark recordsを通じてアメリカ、ヨーロッパでもリリース。このアルバムから、昨年公開の松尾スズキ監督作品「恋の門」のサントラに1曲採用されている。2003年には高木正勝、青木孝允とのコラボレートアルバム「come and play in our backyard」をBEAMS RECORDSよりリリース。2004年BEAMS RECORDSのレーベルコンピレーション「before the lights」に参加。この他にも様々なコンピレーションに楽曲が収録されている。また、carpark recordsのツアー(ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、日本)に招聘されたり、高橋幸宏と細野晴臣によるSKETCH SHOWのフロントアクトを務めたり、デヴィッド・シルビアン(元JAPAN)の来日記念パーティーでライブをし、本人から大絶賛を受けたりと、ライブパフォーマンスも各方面より高い評価を得ている。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-05-28 16:39 | event