宵宮のお土産

投稿者 gm: Hスタッフ sakiko_matsumura

昨日、7月8日は弘前市内の宵宮の中でも一番規模が大きいと言われる、最勝院・八坂神社の宵宮の日でした。
「宵宮」と書いて「よみや」と読むこの、津軽の伝統行事のことは、今回弘前に来て初めて知りました。
毎日のようにどこかのお寺や神社で、お祭り(正確には前夜祭だそうですが)が行われ、その日宵宮がある場所では朝と夕方に花火が上がります。それが「今日宵宮をやりますよー」という合図だそうです。
gm:Hの店内にいても、合図の花火の音がよく聞こえて、音が大きい時は「今日は近くで宵宮か〜」と思ったりしています。
(参考URL:http://www.ring-o.jp/event/event_01.php)

たくさんの出店が並ぶ宵宮を、私達も少し覗いてきました。
お休みの日に他の神社の宵宮に行ったこともあったのですが、やはり一番大きいと言われているだけあって、弘前市内で見た事が無いほどの多くの人でごった返し、活気に溢れていました。
最勝院は煉瓦倉庫から比較的近い場所にあることもあって、夜店の人ごみの中、作業帰りのボランティアの方々にも会えたり、遭遇はしませんでしたが奈良さんやgrafチームも出掛けられたようです。
神社のお参りは長蛇の列ができていて時間がかかりそうだったので、翌日行くことにして諦め(しかし、本当のお祭りは宵宮の次の日らしいので、正式には次の日にお参りに行くものだそうです)、夜店でお土産を買って帰ることにしました。
色々な面白そうな夜店が出ていましたが、中でも前からやってみたかった「らくがき煎餅」に挑戦してみました。
大きなえび煎餅に、透明な水飴のようなもので自分で好きな絵を描き、店の人が上からチョコスプレーやザラメをかけてくれると絵が浮かび上がるという仕掛けです。
もちろん、描くものは決まっています。
お店の繁盛を願って!

f0102291_192127.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-07-09 19:11 | staff voice


<< 祖母の味 gm:h weekend se... >>