gm:h weekend session vol.02

投稿者 gm: Hスタッフ rui_ishiguro

昨年11月3日、gm: HIROSAKIの前身でもあるgm: YOKOHAMAでogurusu norihideさんのFolk Liveがありました。その歌声にお客さんはもちろん、スタッフまでもがあたたかな気持ちになりました。
今回は、場所を横浜から弘前に移してgm: HIROSAKIでふたたびのFolk Liveになります。
ogurusu norihideさんにとって今回が初のraishin(来森=弘前を訪れる事)。日に日に季節が移ろいつつある6月第2週の金曜日、ここ弘前であたたかな歌声を響かせてくれるはずです。

■titile ogurusu norihide"Folk Live raishin"
■date 2006年6月9日(金) / 20:00-21:30(2stage)
■admission ¥1000(with1drink)
■live ogurusu norihide
http://www.boreas.dti.ne.jp/~ogurusu/
■dj mao yamazaki
■place graf media gm: HIROSAKI
■contact tel/0172 38 1320 / mail/gmh@graf-d3.com

f0102291_1638219.jpg
【ogurusu norihide】
1977年京都生まれ。大学在学中より生楽器とコンピュータ−を使った作品を制作し、2002年にcarpark records (NY)より1stアルバム「humour」をリリース。同年のNYタイムズ年間ベストオルタナティヴ10に選出される。2ndアルバム「modern」(P-Vine RECORDS)は、その後carpark recordsを通じてアメリカ、ヨーロッパでもリリース。このアルバムから、昨年公開の松尾スズキ監督作品「恋の門」のサントラに1曲採用されている。2003年には高木正勝、青木孝允とのコラボレートアルバム「come and play in our backyard」をBEAMS RECORDSよりリリース。2004年BEAMS RECORDSのレーベルコンピレーション「before the lights」に参加。この他にも様々なコンピレーションに楽曲が収録されている。また、carpark recordsのツアー(ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、日本)に招聘されたり、高橋幸宏と細野晴臣によるSKETCH SHOWのフロントアクトを務めたり、デヴィッド・シルビアン(元JAPAN)の来日記念パーティーでライブをし、本人から大絶賛を受けたりと、ライブパフォーマンスも各方面より高い評価を得ている。
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-05-28 16:39 | event


<< 小さなお花 県立美術館設営完了!! >>