甘い夜、甘くない夜。ふたたび。

投稿者 gm:Hスタッフ rui_ishiguro

本日19時より、『南風食堂 甘い夜、甘くない夜。ふたたび。』が行われました。

f0102291_359263.jpg
スタッフ松村さんの手描きによる看板。暗闇にうかぶ看板が心地よい緊張感を与えてくれます。


f0102291_473032.jpg開店時から南風食堂の料理を楽しみに待っていたお客さんで店内はすぐに満席状態となりました。


f0102291_4103736.jpg遊びにいらしてくれたお客さんと一緒に。この日、お土産をいただきました。


f0102291_4122287.jpgイベントも盛り上がり、お二人も存分に楽しんで頂けたようでした。写真は一段落ついて乾杯の様子。


この日はデザートを含め合計8品もの特別メニューが並びました。
途中南風食堂のお二人が弘前で撮影した風景のスライドショーなども行われ、南風食堂選曲による音楽と供に素敵な『甘い夜』を提供していただきました。以下はこの日の南風食堂のご挨拶文となっております。明日以降、当日のメニューや音楽などの詳細をご報告いたします。



こんにちは、南風食堂です。今日はわざわざお越しいただき、本当にありがとうございます。まずは私たちのことをご存知ない方に自己紹介。私たちは、東京で音楽イベントや展覧会などの各種イベントで料理をつくったり、本や雑誌で料理のことを書いたりしています。お店でもなく、料理研究家でもなく、人が出会ったり、楽しい、おいしいという現場に「料理」でかかわることが好きで、もう6年も続けています。

grafのメンバーとは昔から仲が良く、イベントで料理をつくらせてもらったり、東京や大阪で一緒にご飯を食べたり飲んだりしています。数年前、豊嶋さんが「奈良さんと展覧会をやるかも」と言っていたときから、S.M.Lが生まれ、そこから今のA to Zまでは、多くの人に感動を伝えるために、何か大きなものに導かれて生まれた流れのように思えます。その証拠に、私たちが南風食堂を始めたころからの親友で食いしん坊友達のWACKYがスタッフとして弘前に6ヶ月住んでいたり、大学の同級生の細川葉子がA to Zの記録の写真を撮影していたり。不思議なことに、いろいろな関係がつながって、弘前に集まっているようです。そんな不思議に南風食堂も便乗すべく、弘前に来てみました。

今夜は、私たちが弘前の食材をつかった料理音楽を食べていただきながら、南風食堂の弘前で撮った写真のスライドショーがあって、音楽が流れている、あくまでゆるいイベントなのですが、弘前はもちろん、日本の各地からA to Zに呼ばれた人たちが今日、このgm:Hで出会って、一緒に楽しい時間を過ごしている、という小さな奇跡を楽しめればと思っています。

南風食堂 小岩里佳・三原寛子
[PR]
by rui_ishiguro | 2006-05-08 04:23 | event


<< 甘い夜から一夜明けて 今夜21時から!! >>