青森の実感

投稿者 gm:Hスタッフ rui_ishiguro
今朝、マンションを出て土手町商店街に出るとねぷたを押す姿が目に入ってきました。
数人でゆっくり進むそれは、祭りの前の胸騒ぎを呼び起こしてくれます。
3月に来て弘前に来ているという実感があまりなかったのですが、今朝のこの光景に、自分の生まれ育った場所とは異なった土地にいるのだという実感がふつふつと湧いてきました。

これから桜が次々に咲き始め、ねぷたの季節へ。そして忘れてはいけないのが『NARA YOSHITOMO+graf A to Z』。春から夏にかけてわくわくする出来事がしばらく続きそうです。

f0102291_23403021.jpg

[PR]
by rui_ishiguro | 2006-04-29 23:42 | staff voice


<< 甘い夜、甘くない夜。ふたたび。 バスペールエール >>